深大寺の2塔

 

深大寺の2塔

建物周囲を生産緑地や神社など武蔵野の雑木林に囲まれた2世帯住宅である。
近くの神代植物公園、深大寺周辺は観光地となっており、周辺住民以外の人も通行するため自然環境と都市的環境が同時に存在するエリアとなっている。
各世帯をそれぞれの塔に分け、接地面を小さくすることで木立を遮らない雑木林の一部として計画し、2塔は宙に浮くスノコからそれぞれが頭を出すような建ち方をしている。
一つの建物をあえて2塔に引き離して分けることで逆に2塔の間を通じて家族間や地域、周辺環境との積極的で豊かな関係をつくる、補助線としての建築を考えている。
用途:専用住宅(2世帯)
敷地:東京都調布市
敷地面積:204.44㎡
建築面積:56.48㎡
延床面積:121.17㎡
階数: 地上3階
構造:木造
竣工:2016年8月
写真:長谷川健太
media: 新建築住宅特集 2017年4月号